BRANDING

ブランディング事例

リキュールのパッケージをデザイン。
地元の農業活性化につながる活動を支援しています。

とみやま農園 様
新潟県新潟市

安全安心で美味しい
完熟果実を届けることを第一に
プラム、ぶどうを中心に生産。
地元の生産者と手を組み、
果実の加工品づくりにも
積極的に取り組んでいます。

開業前からのお付き合い

とみやま農園様は星野株式会社と同じ新潟市白根地区、歩いて10分程度の距離にあります。農園を開く土地の地主が弊社の社員だったという偶然もあって、開業する前からのお付き合い。これまで、プラムやぶどうをお客様へ発送するための段ボール箱などの梱包資材、育てている果実を雨から守るための傘紙など、幅広い商品をご提供してきました。
距離が近いので、とみやま農園様の様子については普段から気にしており、何かあればすぐに駆けつけられるようにしています。大切にしているのは、とみやま農園様のこだわりや想いを理解した上でご提案をすること。お届けする資材も、「とみやま農園様らしさ」を活かせるようデザインしています。

新商品発売のお手伝い

とみやま農園様から、プラムをつかったリキュールを販売するとのご相談をいただき、星野株式会社は、この新商品のネーミングから、瓶に貼るシールと瓶を包む包装紙のデザイン・製造までご協力いたしました。
名前はご提案させていただいた中から「プラモア」に決まりました。プラムをもっと多くの方々に届けたいというとみやま農園様の想いを込めた、「plum(プラム)」と「more(モア)」の造語で、将来商標登録する場合にも備えてご提案したものです。
パッケージデザインは、プラムをつかった商品であることが一目でわかることを意識しながら、ロウ引きの古風な包装紙とともに上品に仕上げています。

地元を元気にしたい

新潟には、とみやま農園様をはじめ、志の高い農家様がたくさんいます。また、新潟といえばお米のイメージが強いですが、白根地区のような果樹の名産地もあります。しかし、魅力の発信が足りておらず、全国的な周知は不十分なまま。
そのような想いから私たちは、とみやま農園様のリキュールづくりをお手伝いさせていただきました。収穫時期が限られるプラムと違って、リキュールならいつでもどこへでも届けることができます。
この商品を通して、とみやま農園様のプラムの素晴らしさ、さらには白根地区の素晴らしさを全国へ。これからも私たちは、とみやま農園様とともに、地域の発展を目指して挑戦を続けていきます。

「すべてお任せしています」
とみやま農園 富山喜幸 様

ご近所ということもあり、星野さんにはいろいろな面でお世話になっています。新たにリキュールを販売することになったときも、星野さんが協力してくれれば大丈夫だと最初から思っていました。特にデザインについてはすべてお任せしています。私の専門外だということもありますが、星野さんなら私の想いを理解してくれているという信頼があるからです。これからも、ともに挑戦していければと思っています。

用途や好みで選べる
星野のオーダーメイド